停滞期でダイエットを諦めないことが重要

ダイエットを行っていると悩まされる停滞期。

 

ダイエット開始時は毎日体重計に乗って体重が減っていることがモチベーションに繋がるということが多いですが、停滞期に入ってしまうと毎日体重計に乗ってもなかなか体重の変化がないことや、場合によっては増えていたりすることもあるため、それによってダイエットを続けていく気力を失い、ダイエットを諦めてしまう人も多いようです。

 

しかしながら、ダイエットによる停滞期は必ず終わると言って良いものです。

 

停滞期は身体が摂取カロリーが少ない状態に適応しているために起こるものになっていますが、その間にもしっかり運動をすることにより、身体の筋肉を鍛えて育てていくことができます。

 

それによって基礎代謝を高めることができるため、停滞期の間でも消費カロリーを少しずつ上げることができ、それが一定の域に達すると、停滞期を抜けてまた体重が落ち始める、と言われています。

 

停滞期中に一時的に体重が増えるのは筋肉が増えているからと言われていることもあり、しっかり運動をしているのであればその先にはダイエットの成功がありますので、諦めずに続けていくのが大事でしょう。