ダイエット中の停滞期はなぜ起きるの?

ダイエットに取り組んだ人が最初にぶつかる壁としては食事を抑えることによる空腹感に耐えること、と言われていますが、次に来る壁としては停滞期があります。

 

停滞期になるとダイエットをしていても体重が中々落ちなかったり、場合によっては増えたりすることもあるため、ここで心が折れてダイエットを投げ出す人が多いと言われています。

 

この停滞期ですがどのような理由によって起こるものでしょうか。

 

ダイエットの停滞期は、ダイエットのために摂取カロリーを減らした結果、身体がその低カロリー状態でも生存していくために順応することによって起こることと言われています。

 

ホメオスタシス機能とも呼ばれ、これによって身体が低カロリー状態でも安定するようになり、体重が落ちにくくなる停滞期が起こるのです。

 

停滞期は体重が約5%程度減少すると起こると言われていて、それがどのくらい続くかは人によって異なってくるものですが、停滞期の間もしっかりダイエットを続けていれば必ず終わるものなので、そこで心を強く持ってダイエットを続けるのがダイエット成功へ大変重要になるようです。