ダイエットに必ずやってくる停滞期

ダイエットを始めると、開始直後はどんどん体重が落ちていくので、このペースで行けば数ヶ月で理想体重になるな、なんて思っていると急に体重が落ちなくなる事があります。

 

これが停滞期と呼ばれるものです。

 

停滞期はダイエットをしていると必ずやってくると言われています。

 

ダイエットを始めると、始めた当初は身体がダイエット前と同じように活動するため、摂取カロリーを減らしたり運動をしたりすると、消費カロリーが摂取カロリーを簡単に上回ることで体重が簡単に落ちていくものですが、一定期間が経つと身体が変化をしてきて、少ない食事から効率的に栄養を吸収し、身体の消費を抑えることで低カロリー状態に順応するようになります。

 

ホメオスタシス機能と呼ばれることもあるこの機能の影響により、体重が中々減りにくい状態になると言われています。

 

この状態になると中々体重が落ちなくなるため焦りやすいですが、そのままダイエットを続けていくことで徐々にですが体重が落ちたり、筋肉量が増えていくことで基礎代謝が徐々に増えていくため、ダイエット内容を急に変えるなどせずに地道に続けていきましょう。

ダイエット停滞期を乗り越える方法

ダイエット中に体重の減少が一時的に停滞することをダイエットの停滞期と呼ぶことがあります。

 

この停滞期は、ダイエット時のカロリー摂取量の少なさに身体が適応して、少ないカロリーでも生きていけるように変化したことによって起こると言われており、体重が5%程度減ったタイミングで起こりやすいと言われているものです。

 

このダイエットの停滞期ですが、これを乗り越えないかぎりダイエットの成功は無いと言って良いものです。

 

その停滞期を乗り越える方法としてはどのようなものがあるでしょうか。

 

一番大事なことは、ダイエットの停滞期は誰にでも起こることであり、いつかはそれが終わる、ということをしっかりと理解しておくことです。

 

これを理解していないと、停滞期に直面したときに、今までの方法があっていたのかが不安になったり、負荷を過剰に増やさなければいけない、などと混乱しやすくなり、無理なダイエットに繋がったり、心が折れたりしてダイエットを失敗することが多いためです。

 

カロリー制限と運動を合わせたダイエットをしている限りはいつかは停滞期を抜けるため、それを理解してダイエットを続けるようにしましょう。

チアシードでダイエット

ダイエット時の食事を何かに置き換えることで、一日の摂取カロリーを抑えることによって体重が落ちやすくするダイエット方法として置き換えダイエットがあります。

 

その置き換えダイエットでよく使われるようになってきたものの1つにチアシードがあります。

 

チアシードとは、シソ科の植物の趣旨のことを指しているのですが、チアシードの特徴として、水に浸しておくことで水分を含み、タピオカのような見た目にまで膨らんでいくものになっています。

 

このような動きをするものなので、ドリンクやヨーグルトなどに混ぜて摂取することによって、少ない量でも満足感を感じることができるようになり、それによって摂取カロリーを制限しやすくなる、というのがポイントと言われています。

 

チアシードはこの特徴だけでなく、たんぱく質やカルシウム、カリウムや亜鉛などのミネラル類、ビタミンB群や食物繊維、αリノレン酸などが豊富に含まれていることから、満足感も得られつつ、ダイエット時の身体に不足しやすい栄養素を補うことが出来るようになっているという食材になっているため、ダイエットに取り組む人に注目されているのです。